海外製食品の出品は特に注意!メルカリからくる恐怖の「商品削除のお知らせ」メールの対処法

日本語表記のない海外の食品に対して、一定の条件を満たしていない場合、「商品削除のお知らせ」メールの到着と同時に、問答無用でメルカリに出品していた商品が削除されてしまいます。

商品説明文章を練りに練って時間をかけて作っていた場合、ダメージが大きいので、商品説明は直接入力せずに、メモアプリや別のアプリなどで作ってからコピペすることをおすすめします。

それでは、この「商品削除のお知らせ」メールが来ないようにするための必要な条件をみていきましょう。

スポンサーリンク

「商品削除のお知らせ」メール全文

下記引用となります。

いつもご利用いただきありがとうございます。

今回お客さまがご出品された商品につきまして、下記の「禁止されている出品物」に該当することを確認したため、事務局にて削除いたしました。

《禁止されている出品物》
・消費(賞味)期限および食品表示の記載のない食品
※日本語表記のない食品も含みます
※販売時の外装(箱や袋)から出して発送する場合は個包装食品となります

日本語表記のない食品は下記の条件を満たした場合に限り、出品が可能です。
ーーーーー
1.消費(賞味)期限および食品表示を出品画像で確認できるもの
2.商品説明に食品表示の和訳記載があるもの
ーーーーー

なお、個包装食品は下記の条件を満たした場合に限り、出品が可能です。
ーーーーー
1.個包装食品に「消費(賞味)期限」「食品表示」が記載されている食品であり、出品画像で確認できるもの
2.個包装食品に「消費(賞味)期限」の記載があり、販売時の外装に「消費(賞味)期限」「食品表示」の記載がある旨を出品画像で確認できるもの
※外装と個包装食品の消費(賞味)期限が同一であること
※「消費(賞味)期限」が記載されている個包装食品のみの発送は禁止です。
ーーーーー

《該当商品》
商品ID: ーーーーーー
商品名: ーーーーーー
価格 : ーーーー

禁止されている出品物については下記をご参照いただければ幸いです。

・食品および飲料品出品に関するご案内や商品例
https://jp-news.mercari.com/2019/03/26/item-rule-food/

・禁止されている出品物
https://www.mercari.com/jp/help_center/getting_started/prohibited_items/

ご不明な点などございましたら、お気軽にお問い合わせください。

みなさまに安心・安全にご利用いただくための対応となります。
何とぞご理解ご協力のほどよろしくお願いいたします。

ーーーーーーーーーー
株式会社メルカリ
ーーーーーーーーーー

必要条件とは

《禁止されている出品物》の中に
『消費(賞味)期限および食品表示の記載のない食品 ※日本語表記のない食品も含みます』

とあり、

『日本語表記のない食品は下記の条件を満たした場合に限り、出品が可能です。
1.消費(賞味)期限および食品表示を出品画像で確認できるもの
2.商品説明に食品表示の和訳記載があるもの』

とあります。

つまり、

日本語表記のない食品は、消費(賞味)期限および食品表示を画像で表示し、商品説明欄に食品表示の和訳を記載する必要があるということのようです。

では、ここで「食品表示」とは何かをみていきましょう。

そもそもメルカリに食品を出品する必須条件

メルカリによると、食品を出品する際には、「消費(賞味)期限」と「食品表示」の掲載が必ず必要となります。

日本の食品は裏に「食品表示」の記載がしっかりしてありますので、その写真をとって載せるだけで大丈夫です。必要な項目は下記になります。

  • 名称
  • 原材料名
  • 内容量
  • 消費(賞味)期限
  • 保存方法
  • 販売者

ハワイで買ってきた食品をメルカリに出品する場合は、食品に表示されている上記の項目を和訳して、商品説明欄に記載する必要があります。

和訳なんてできないよーという人も大丈夫です。

日本に公式サイトを持っている食品なら、そのサイトに日本語での食品表示がある場合がありますので、参考にしてみてください。

または、同じ商品を出品されている人の商品説明も、まるまるコピペではなく、参考という形でみてみてください。

食品表示を記載したのにまた削除された!

ところが、上記の通り実行したのに、私はまた削除されてしまいました。

他の残っている人の商品説明を参考にしたところ、食品表示の6項目以外に、「原産国」を記入している人がいたので、私も記載してみたところ、その後は削除されることはありませんでした。

同じように記載していても削除されるものとされないものがある!

正直、これは理由がわからないのですが、別の商品で、個数だけ違う同じ商品・同じ商品説明の一方だけ削除されてもう一方は削除されなかった、という場合がありました。

「表示が完璧なはずなのに」と思い、同じ内容でもう一度出品したところ、そのまま削除されなかったということがあります。

他の人をみていても、「食品表示」がないのに削除されていない人もいたりするので、これだけ多くの商品が毎日出品され続けているので、メルカリ側ももしかしたら手が回らないだけ、とか何か他の理由があるのかもしれません。

まとめ

ということで、私なりの対策を立ててみました。

必要なのは

  • 名称
  • 原材料名
  • 内容量
  • 消費(賞味)期限
  • 保存方法
  • 販売者

プラス「原産国」

そして、

  • 消費(賞味)期限および食品表示を画像で表示
  • 商品説明欄に食品表示の和訳を記載

ということになります。

これでももし何度も削除されてしまう場合は、メルカリ側に問い合わせてみるのもいいかもしれません。

最後の手段

何度出品しても削除されてしまう場合は、メルカリへの出品は諦めて
「ラクマに出品する」という手もあります。

現在のところ、匿名配送の場合の送料はラクマの方が高くなりますが、取引成立後に引かれる手数料は、メルカリが10%に対して、ラクマは3.5%とかなり安くなります。

利用者はメルカリの方が多いのですが、人気商品ならラクマでも売れますので、試してみてください。

メルカリ・フリマアプリ情報
スポンサーリンク
シェアする
フォローする
ハワイへのメルカリ仕入れ旅で必須のクレジットカードは
入会金年会費無料楽天カード
  • ・ハワイのDFS内にある楽天カードラウンジ(ドリンク無料)を無料で使える
  • ・JTBブランドをつけるとワイキキトロリーピンクラインに無料で乗り放題
  • ・旅行に関わる料金、空港までの交通費・旅行代金(詳細は要確認)を事前にカード払いすることによって無料で海外旅行傷害保険自動付帯
↓入会・楽天カード詳細はこちら
旅たびハワイ