ホノルル周辺のフードコートで食事代を安くする

旅行の中で1,2回は豪華な食事を素敵なレストランで食べるのもいいと思います。せっかくのハワイを楽しまなくては来た意味がありませんからね。

ですが、毎回毎食、食事代に大金を払うのも大変です。家族の人数が多ければ多いほど、旅行中の食費はびっくりするくらいの金額になってしまいます。

そこで、フードコートを賢く利用しましょう。ワイワイとみんなで好きなものを食べられますし、お子さんやお友達とシェアすることもできて経済的です。

ワイキキ周辺とアラモアナでそれぞれいくつかあるので、紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

ワイキキ周辺のフードコート

パイナラナイ(ロイヤルハワイアンセンター内)

ロイヤルハワイアンセンターにあるパイナラナイです。

1階から吹き抜けになっているので、開放感のあるフードコートです。

入っているお店はこちら↓

  • チャンピオンズステーキ&シーフード
  • カリーカフェ
  • カザンラーメンエクスプレス
  • ココロカフェ
  • クルクル(カフェ)
  • マハロハバーガー
  • パンダエクスプレス(中華)
  • フォーファクトリー
  • リンガーハット
  • SBARRO(イタリアン)
  • サブウェイ
  • アンクルテツジャパニーズチーズケーキ

この記事を書いている現在、12店舗が入っていました!

おなじみのお店もあり日本人客も多いと感じたので、気軽に利用できますね。

ザ・ストリート(インターナショナルマーケットプレイス内)

ザ・ストリート THe Streetは、インターナショナルマーケットプレイスのクヒオ通り側にあるフードコートです。

比較的新しいからかどうか、私が行った時はハワイにしては日本人がほとんどいませんでした。外国感をしっかり味わえる場所です。

それほど広くはないのですが、10店舗入っているとのこと。ドアをでた道路沿いにもお店があったので、そこもフードコートの一部なのかもしれません。

席はほぼ埋まっている状態で、とても賑わっていました。

入っているお店はこちら↓

  • Adams Nana Lu (ピザ)
  • Beer (ビール)
  • バーガーホール
  • インディガール(サラダ・トースト・スムージー・アサイボウル)
  • リトルLafa(地中海料理)
  • MI ALMITA TAQUERIA(メキシコ料理)
  • PRAWN STAR(ガーリックシュリンププレートなど)
  • THE MYNA BIRD(アルコールドリンク)
  • ザ・ラーメンバー
  • ザ・ストリートテストキッチン(フライドチキン)

私はこちらではアサイボウルをいただきました!もちろんおいしかったです!

ミツワマーケットプレイス(インターナショナルマーケットプレイス内)

ミツワマーケットプレイス Mitsuwa Market Placeは、先ほどのザ・ストリートのほぼ真上の2階にあります

こちらは日本食を多く扱う小さめのスーパーといった感じのお店で、店内奥に日本食メインの小さなフードコートがあります。おなじみのお弁当やお寿司もたくさん売っているので、イートインとも言えるかもしれません

日本食が恋しくなったらぜひ利用してみてください。

店舗はこちら

  • 山頭火
  • 抹茶ラブby伊藤園
  • ミツワナゴミ(寿司・デリ)
  • ナゴミハワイアン(デリ)
  • MODO(ドーナツ)

お弁当を買ってホテルに持ち帰ってゆっくり食べてもいいかもしれませんね。

デュークスレーン マーケット&イートリー

デュークスレーン マーケット&イートリーDukes Lane Market & eatery もザ・ストリートのように日本人が少ない外国感を味わえる場所です。

とてもおしゃれな空間で、奥にイートインできるテーブルがあります。

奥の方に上の写真のBASALTというレストランがあるので、それ以外のものはイートインの席で気軽に食べることができるようです。

お店はこちら

  • オノズバーガーズバー
  • SPITFIRE(ロティサリーチキン)
  • ベーカリー
  • Chill(ドリンク・デザート)
  • アイランドグルメコーヒー

どれもこれも美味しそうでした!

アラモアナセンター内フードコート

アラモアナセンターには3つのフードコートがあります。

あれ?一つしか知らない、という方も多いかもしれません。それぞれ個性的なので、ぜひ足を運んでみてください。

マカイマーケット

マカイマーケットは一番大きなフードコートで、海側からアラモアナセンターに入ってくれば必ず通るだろう場所なのでご存知の方も多いと思います。

カフェを除いた主なお店はこちら

  • セニョールぺぺ
  • ラハイナチキン
  • スパーロ
  • ステーキ Tappei
  • ラーメン Bario
  • 長崎ちゃんぽんリンガーハット
  • パンダエクスプレス
  • ヤミーコリアンBBQ
  • ヒバチサン
  • チャーリーズグリルサブ
  • ブルーウォーターシュリンプ
  • ママズスパゲティ
  • 難波屋ラーメン
  • チーズバーガーファクトリー
  • ステーキ&フィッシュカンパニー
  • ポケ&ボックス
  • カレーハウス CoCo壱番屋
  • サブウェイ

というわけで盛り沢山!

ここだけで家族全員食べたいものが見つかりそうな気もします。

白木屋ジャパンビレッジウォーク

白木屋は場所を変えてリニューアルオープンしています。

ジャパンビレッジウォークという名前のとおり、日本食が豊富で、とっても賑わっていました。

うまく撮れていませんが、奥までずーっとある広いスペースです。

飲食店以外も含めて50店舗あるそうなので、その広さに驚きです。

日本食が食べたくなったら、ここに行けば間違いありませんので、アラモアナセンター、ニューセンターコートの1階にあると覚えておいてください。

ラナイ@アラモアナセンター Lanai@Ala Moana center

2017年に新しくできたフードコートです。

こちらにも多くのお店が入っているのですが、マカイマーケットと違って海側の入り口から入って一番右奥にあるので、知らないとなかなか行けないかもしれません。

入っているお店はこちら

  • アヒ&ベジタブル(シーフード)
  • BRUG(日本スタイルベーカリーカフェ)
  • Da Spot
  • HiTEA Cafe
  • Ike’s Love & サンドイッチ
  • マハロハバーガー
  • むすびカフェIyasume
  • ソウルミックス2.0
  • ソバヤ
  • 鉄板焼きファーマー
  • アンクルクレイズ ハウスオブピュアアロハ

新しくお洒落なので、アラモアナに行った際の選択肢の一つにしてみてください。

おまけ・フードランド

アラモアナセンターを海側からみて一番左にフードランドというスーパーがあります。商品はホールフーズに似ている気がします。

こちらでは自分でケースに好きなものを取り分ける量り売りのお弁当というかお惣菜があります。

少しずついろいろなものも食べられますし、お昼食べすぎたから夕食は少しでいいという時にも自分の腹具合と相談して選ぶことができます。

ただし、調子によってたくさん詰めてしまうと、結構なお値段になるのでお気をつけください。日本のようにそばに計量器がおいていないので、レジに持っていくまで、いくらになるのかわからないのがスリルがあっておもしろくもあります。

まとめ

フードコートもモノによっては高いものもありますが、何といってもチップがいらないのが楽です。その分レストランより安くなりますし、フードコートの大きなテーブルなら気兼ねなくシェアも可能です。

ハワイでのぜひ食事を楽しんでくださいね。

安くハワイに行く方法未分類
スポンサーリンク
シェアする
フォローする
ハワイへのメルカリ仕入れ旅で必須のクレジットカードは
入会金年会費無料楽天カード
  • ・ハワイのDFS内にある楽天カードラウンジ(ドリンク無料)を無料で使える
  • ・JTBブランドをつけるとワイキキトロリーピンクラインに無料で乗り放題
  • ・旅行に関わる料金、空港までの交通費・旅行代金(詳細は要確認)を事前にカード払いすることによって無料で海外旅行傷害保険自動付帯
↓入会・楽天カード詳細はこちら
旅たびハワイ